誰もが輝ける場所を目指して

● 法人概要

NPO法人周南さわやか会は、精神障害者等が地域生活を送るための必要な環境を整え、福祉の向上と自立に寄与し、障害者問題に対する社会的理解を促進させることを活動の目的としています。


事業としては、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業(就労継続支援B型)と特定相談支援事業・障害児相談支援事業を行っています。


また、障害理解や障害によっておこるさまざまな問題を解決するための啓発や講演会の開催等も行っています。

・ 理念

① ひとりひとりの思い、夢や希望を叶えられるよう積極的に支援し、誰もが輝くことが出来る場所であることを目指します。

② 就労、社会参加、生活等をサポートする場所を目指し、自ら考え、自ら行動を起こせる人づくりを目指します。

③ 感謝の気持ちを感じることができ、その気持ちを行動に表せる人づくりを目指します。

・ 沿革

1979
(S54)
徳山地区精神保健家族会発足
1985
(S60)
祥雲寺の境内を借りて、家族を中心に内職作業などを始める
1986
(S61)
徳山地区精神保健共同作業所を正式にスタート
徳山市勤労福祉センター(現 周南市勤労福祉センター)に移転
1998
(H10)
徳山地区精神保健共同作業所下松分室「コスモス工房」開設
2001
(H13)
徳山地区精神保健家族会を「周南さわやか会」に、徳山地区精神保健共同作業所を「さわやか工房」と名称変更し、周南市糀町2丁目67-1に新設移転
2006
(H18)
周南さわやか会を、作業所運営を行う「NPO法人周南さわやか会」と 家族会活動を行う「周南さわやか家族会」に変更
2007
(H19)
「さわやか工房」「コスモス工房」が就労継続支援B型事業に変更
2012
(H24)
特定相談支援事業「相談支援センター拓未」開設
2014
(H26)
障害児相談支援事業「相談支援センター拓未」開設
2016
(H28)
さわやか工房とコスモス工房を統合

・ 事業内容

● 就労継続支援(B型)事業

就労に必要な個人の能力、個性を最大限発揮できるように助言や見守りを行いながら基本的習慣やマナーなどを学びます。 またグループワークを通じて、みんなで壁を乗り越えた喜びを感じられるように支援を行っていきます。

・作業訓練

施設内の各種作業や色んなことにチャレンジしながら可能性を広げていきます。 加えて、施設外作業により、実践的な作業訓練を実施します。

・就労支援

就労に向けたカリキュラムを実施し、個々の状況に合った支援を行います。 ハローワークや山口障害者職業センター、障害者就業・生活支援センターなどの関係機関と連携し、就労の促進に努めます。

● 相談支援事業

・基本相談支援

来所での相談、電話相談、訪問による相談支援を行っています。相談内容に応じて、助言や必要な情報提供等を行います。

・計画相談支援

障害者・障害児の方が福祉サービス等を利用するときには「サービス等利用計画・障害児支援利用計画」を作成する必要があります。 ご本人様の現在の状況や、これからの希望等、お話を聞き、計画を一緒に立てていきます。

● 情報公開

> 当法人の情報公開資料はこちらから

・ アクセス

TEL・FAX:0834-31-1622(周南さわやか会事務局)